「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

Change the world

ganref.exblog.jp

The“ART” of Putting second season 

LM-19 参

今回は通常のインナーホーゼルのTPA18TYPEとの比較画像。クラバーさんならクイズにしそうだけど。
d0206851_15504990.jpg
d0206851_1551392.jpg
d0206851_15512057.jpg
d0206851_15513570.jpg

同じようで微妙に異なるパターたち。正しく「神は細部に宿る」いや「職人の矜持は細部に宿る」といった方が良いか。TPA18 TYPEも本当に絶賛されたパターだったけれども、(これは記事にも書いたが)どうしてもネックの【鈍さ】が、他があまりに見事だった為に余計に僕は気になっていた。今回のLM-19はこの部分にも改良が加えられて、非常にシンプルでかつ先鋭的で、正確なアライアメントがとりやすくなるような工夫がされている。ネックからは微塵も鈍さは感じられず、インパクトの神経質な感触が、両手のひらから体のすみずみまでに広がるイメージがする。
d0206851_1605288.jpg

d0206851_162660.jpg


SONY NEX-5N Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA
是非一度、I・Rプロに使って頂きたいパターなんだが。
[PR]
by ganref | 2012-04-19 16:11 | KITADA GOLF DESIGN | Comments(3)
Commented by やきそばパンZ at 2012-04-19 23:45 x

おおー、トップブレードの厚みも結構違うんですねぇ。

Commented by taoten at 2012-04-20 00:10 x
やはり2本並べると違いが早わかりですね!!
トップラインの厚みが一番はっきり違いが分ります。
それにネックとトップラインのつながり方も随分違うもんですね。
Commented by ganref at 2012-04-20 19:01
やきそばパンZさん
この厚みがネックラインと一体となって、いいバランスなんですね。厚いのになぜかスッキリ感が強い。マークニューソンにも決して負けてない工業美&実用美というものを強く感じるパターです。

taotenさん
インナーホーゼルのTPA18も決して鈍い訳ではないですが、やはり完成度の高さではLM-19に軍配を上げるでしょうか。こうなるとLM-19のインナーホーゼルも見てみたいですね。ダマスカスで!!