ブログトップ

Change the world

ganref.exblog.jp

The“ART” of Putting second season 

カテゴリ:KITADA GOLF DESIGN( 48 )

2月は逃げ月というけれど。

あっという間に過ぎてしまった。

最近真剣に撮影していないパター。

先日JGFで再会できた匠とお話をしていて、

やっぱりこのKP−2Fはある意味アンサー2の

オマージュとしては

一つの完成形であると確信した。

フェアではいくつものパターを拝見したけれども、

どれ一つとっても正直撮影しようという気に

ならなかった。不遜ではあるけれど。

いや、ならばこれ以上のパターを持ってきてよ、

と、僕は言いたい。

d0206851_20131770.jpg



d0206851_20120294.jpg

d0206851_20072478.jpg

久しぶりにパターの写真を本気で撮って、

僕もまた

原点に

戻れたような気がする。

I am a GOLFER





[PR]
by ganref | 2016-03-01 20:18 | KITADA GOLF DESIGN | Comments(4)

姫路への旅は、KITADA GOLF DESIGN さんへの旅でありました。
(決して姫路城が目的ではなかったのですよ、ホント!^^;)

男三人旅烏。新潟ー埼玉ー浜松ー姫路をつなぐ友情の旅。
私にとっては昨年の新潟に引き続き、何とも思い出深い旅でした。

そして姫路で出会えた友情の3つのパター達。サプライズでした。
一つ一つに北田さんの想いが重なるパター。パターがご縁で
重なった4人の想いが、まさに結実したように感じました。

パターは少しだけ掲載しましたが、後日単体でのご紹介もしたいと思っています。

もっとも、お二方のブログでもご紹介いただいていますし、
旅の様子は一番長い旅程のtaotenさんが沢山ご紹介いただいていますね。

連続スリーパット 2 何時も若々しいtaotenさんのブログです。

life-is-vain ダンディなmiyaさんのブログです。

姫路の北田さんの工房は、まさにお宝の山、山^^
パター好きなら、いやいやゴルフ好きなら何時までも飽きない
夢の場所。近所に住んでたら、毎日通っちゃうな~なんて
思う場所でした。

その工房をお邪魔した時に、丁度サイトラインを彫っている
行程を目の当たりにして、その精度や工夫に、今更ながら
素晴らしいと感じた次第です。

どうぞ、匠の技術、ゆっくりご覧頂ければと思います。(音出ます)





サイトラインをギリギリまでバックフェースに入れるための角度や、
ヘッドを固定する治具などは、ご自身で相当工夫されたはず。

事実オデッセイなど量販品は、こういう細かい部分は殆どがまるで
なってないわけで、さりげない所作が実はこだわりの、そして
道具としての精度、というか完成度を高めているのだと感じました。

ぜひ一度KITADA GOLF DESIGNのパター使って見て下さい。
20年間、約400本近くパターを蒐集した私の、その蒐集を終わらせたパターです。


[PR]
by ganref | 2015-12-22 06:59 | KITADA GOLF DESIGN | Comments(2)
JW01 BRASSが随分良い感じでエイジングされてきましたので、久しぶりに撮影を行ってみました。パターの撮影は随分サボっていましたので、かなり表現がダメになってしまっています。慢心はやはりいけません。日々精進することが大事ですね。

まさにエイジングと呼ぶに相応しい、綺麗な変化です。1週間に一度程度手入れはしていましたが、やや赤みを帯びた気品あるゴールドが、とても柔らかな印象です。

d0206851_2144923.jpg
d0206851_215738.jpg
d0206851_2153088.jpg
d0206851_2154647.jpg


Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE


こちらはおまけ。今日の夕景です。

d0206851_216056.jpg

EF16-35mm F2.8L II USM
[PR]
by ganref | 2013-11-23 21:13 | KITADA GOLF DESIGN | Comments(5)
久しぶりの更新だとなんだか少し気恥ずかしくなります。


それなりに結構色々あって、更新もままならない、書くことはあるんだけど、フラストレーションが貯まる毎日でした。フラストレーションは、写真にもあって、カメラをアップッデートして、ついに、というべきかEOS 1DXというプロフェショナル機を入手したのに、中々撮影が出来ない日々でした。

かくいう今日も、予定が台風でオールキャンセルになって、時間がぽっかり空いたので、それでは、とぽつぽつと書いています。

先月実に9ヶ月ぶりにラウンドをして、それも2日間という贅沢な時間だったのだけれども、改めてゴルフは楽しい!と実感できました。ただ少し前の自分とは楽しみ方が変わってきていて、少しでも良いスコアを目指して、とかではなくて、気持ちよく、楽しみながらラウンドすることが第一で、極端にいえば、スコアはどうでも良くて、なんというかボールを打つ、カップに入れると言うことを純粋に楽しみたい自分がいました。昨年神戸ゴルフクラブでプレーさせていただき、価値観が変わったように感じます。

この2日目のラウンドで、圧倒的に存在感を示したのはRS-18。とにかく素晴らしい距離感、方向性で自分自身がパターが上手くなった錯覚さえ覚えました。ラウンドバーディ3つとパー5つは自分のプレー中でもあまり記憶にありません。(それでも89点というのはご容赦)「ここはどうしても入れたい」というパットを必ず決めてくれたのは本当に圧巻で、特にバーディ2つは2m前後のそこそこ難易度が高いラインを、かなり薄いラインで入れる事ができたり、(これはパットが好調で、オーバー目に打てていたことが幸いしたのでしょう)おまけで15mほどの長い登りのスライスを、真ん中から気持ちよく沈めてくれたり(完全まぐれですが)と、もう、満足の1日でした。

d0206851_1056083.jpg


EOS 1DX + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE

カメラの方は、というと、EOS 1DX、これはもう文句なし。素晴らしい階調表現と精緻な描写。1,800万画素と、画素数はほどほどに抑えたフルサイズセンサーが、これほどの表現力を持つとは思いもよりませんでした。無機質な金属でさえ、作り手と、使い手の思いが見えるようです。もちろん、被写体に、これに応える力があるからなのは言うまでもありません。

色々やりたいことは目白押しですが....

今週は第40回 国際福祉機器展H.C.R.2013 、ビッグサイト、です。
[PR]
by ganref | 2013-09-16 11:04 | KITADA GOLF DESIGN | Comments(2)
"HOME OF GOLFER"は今年のゴルモノ.comのテーマ。敬愛するKITADAさんとCLUBERさんのコンセプトを紡ぐパターを作りたくて、お二人にご無理をお願いいたしました。快く承諾いただきありがとうございます。このJW01はより実践的にSM490A素材の梨地仕上げ。BRASSよりもさらに精悍さを増したイメージ。無駄な肉が一切無いデザインの秀逸さがより強調されます。

d0206851_11593020.jpg
d0206851_11595145.jpg
d0206851_120565.jpg
d0206851_1202348.jpg
d0206851_1204461.jpg


Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE

一本だけの意味を込めて1/ONE。BRASSがあまりに良いのでまだ組んで無いけれども、これはキャディバッグとともに長いつきあいになるでしょう。
[PR]
by ganref | 2013-03-17 12:08 | KITADA GOLF DESIGN | Comments(8)
実はJW01 BRASS の写真はいつもに比べて極端に少ない。なぜかと言えば答えは簡単で、撮っているうちに早く組んで打って見たくなったのが押さえきれなかったからだ。今回は残っている写真を使って、多重露光処理した写真を掲載した。

d0206851_16114440.jpg
d0206851_1612086.jpg
d0206851_16133762.jpg
d0206851_1614351.jpg


僕的には、経年でこれくらいの色になってくれると嬉しいなぁ、と思っています(笑)

d0206851_16144411.jpg

Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE
[PR]
by ganref | 2013-03-01 18:45 | KITADA GOLF DESIGN | Comments(17)
前回の303SS素材のD.L.C. GALAXYの紹介に続いて今回はBRASS素材のJW01となります。BRASSについては実はあまり期待していなかった、というとKITADAさんに怒られそうですが、さすがの出来映えで納得の1本に仕上がっています。
d0206851_18103019.jpg
d0206851_1810423.jpg
d0206851_18105488.jpg
d0206851_18115100.jpg


Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE

私は誰かにお金をもらって記事を書いているワケ出ないので、いくらお知り合いでも提灯記事を書くつもりは毛頭ないですし、どちらかと言えば辛口だと思うのですけど、JW01に関してはぐうの音も出ない、というか、そのデザインに見とれてしまっています。これだけシンプルなラインの集合体が、これほどまでに複雑に絡み、ミリの、いやマクロの世界での微妙なバランスを保っている。かつこの安定感は3次元での重量配分が完璧でないと出来ないはずで、KITADAさんのこだわりを強烈に感じる事が出来ます。早速組んで、毎日楽しんで打っていますが、打点に関してはごまかす事は出来ません。ストロークにもシビアです。決して簡単なパターではないでしょう。ただボールに臨んだときに、とても信頼感が持てるパターです。ちゃんと打てばちゃんと転がるよ、と教えてくれるパターでもあります。右の手のひらに残る重厚な打感とともに、素晴らしい音色がルックス以上に美しい至高のL字です。
[PR]
by ganref | 2013-02-26 18:22 | KITADA GOLF DESIGN | Comments(5)
JW01は、Geo Low Wizard600 Sportsmanを現代風にリファインした、傑作中の傑作といっても良いかもしれない。とにかくその据わりの良さは一種の感動すら覚えてしまう。もっとも繊細なL字であるはずなのに、構えたときの安心感は不用意に巨大なマレットを遙かにしのぐ。圧倒的な存在感は手にした人にしか分からないけど、この写真でその一端を感じていただければ、と思う。

d0206851_1519055.jpg
d0206851_15192358.jpg
d0206851_15194164.jpg
d0206851_15195936.jpg
d0206851_15201743.jpg
d0206851_1520293.jpg


EF100mm f2.8 L MACRO IS USM
2月15日からのジャパンゴルフフェアでも市川町のブースにて展示予定です。お越しの際はぜひ。
[PR]
by ganref | 2013-02-07 18:09 | KITADA GOLF DESIGN | Comments(5)
僕にとってKITADA GOLF DESIGNの原点はこのパター。手にしたときの心躍る気持ちは、今見ても変わらない。時間をかけて研磨して、最後はKITADAさんにお願いして(自分では挫けて)仕上げをしてもらったパターでもあります。随所に自分なりのこだわりの研磨があって、(実際にパッティングには影響しないけど、というか本来の設計を壊しているかもしれないけど)なんというかもっとも愛着のあるパターかもしれません。それだけに、組んで実践で使う気になれないのだけど。
d0206851_101785.jpg
d0206851_1011011.jpg
d0206851_1015080.jpg
d0206851_1015537.jpg
d0206851_1022722.jpg

EF100mm F2.8LMACRO IS USM
[PR]
by ganref | 2012-11-07 06:15 | KITADA GOLF DESIGN | Comments(8)
LM-19は実は今オークションに出品されていて、そのクオリティからは信じられない位のコストパフォーマンス。あんまり見てると欲しくなっちゃうので、なるだけ見ないようにしてる。(笑)ステンと、鉄、2つを打ち比べたい気もするし。(贅沢ダケド)2つと言えば、パターの表現として、本来見せたいところと、じつはココも必見なんだよ、というのは、今まで2枚で表現していたけど、多重露光のお陰で、上手く表現出来れば1枚でそれが叶うのかな?と考えている。残っていた写真でちょっと作ってみたけど、今度は本格的にやってみようかと思っている。

d0206851_12581134.jpg
d0206851_12583449.jpg

ちなみに、オークションの僕の一番のおすすめはこちら(クリック!)この色のDLCはガンブルーを超えた発色だし、RSは実は....なので、彼の原型もモデルなんです。ウフ。

そうそう、あんまり見ないようにしているサイトと言えばこちら、ゴルモノ.com。今年の生ハムの会で初めてお会いしたクラバーさん主催のこだわり満載のサイトです。早速一つ、私ごのみのがあったので、得意の衝動買いをしましたが、本当はもっともっと欲しい物が満載。瞬く間にSOLDしていくモノもあったり、目が離せないサイトです。ぜひ一度ご覧下さい。

d0206851_1258372.jpg


Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE
EF24-105mm F4L IS USM
SONY NEX-5N Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA

こいつはちょっとやりすぎ?
[PR]
by ganref | 2012-05-08 13:28 | KITADA GOLF DESIGN | Comments(4)