ブログトップ

Change the world

ganref.exblog.jp

The“ART” of Putting second season 

<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

パターのデザインの確かさを、そのまま転換してきたかの如く、機能美にあふれる素晴らしいデザインのウエッジではないかと思います。写真2枚目が52DEGで3枚目が58DEGですが、つながり感のあるいい顔です。懐感、トップライン、エンドライン、トゥのR。見た目の逃がし、機能としてのつかまりがデザインとして何の破綻もなく収まっている感があります。

d0206851_16134627.jpg

d0206851_16111731.jpg
d0206851_16113739.jpg
d0206851_1612652.jpg

Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE
これにDLC GALAXYが加工されていますので、もはや究極の、という言葉もあながち陳腐でなくそのものという感すら有ります。軟鉄であり、その軟鉄の良いところは漏らさず使用しながら、ウイークである溝の摩耗は殆ど無いでしょう。いつでもずっと安定したスピンを得ることが可能なはずです。そういう機能面の凄みを感じさせないのがこの美しさですが、本質はそちらにあります。こういうウエッジをみてるとふつふつとゴルフへの意欲が高まっています。

年末にかけて忙しく中々アップ出来ませんでした。見に来て頂いた方には申し訳ありませんでした。今年は色々なことがありましたが、皆さんの支えで何とかやってこられました。今日の自分は決して一人で出来た物でなく、多くの方々のご厚情によってのみ出来た物であり、そのことに最大限の感謝をしつつ、その気持ちにちゃんと報いるべく、自分自身をちゃんと律しないといけないと思っています。今年一年、ありがとうございました。皆様良いお年をお迎え下さい。
[PR]
by ganref | 2011-12-31 16:39 | KITADA GOLF DESIGN | Comments(3)
北田さんご本人のご希望もありまして、トップページにKITADA GOLF DESIGNさんへのご連絡先を記しています。随分と迷われて、ようやくたどり着く方が大勢いらっしゃるとの事ですので、もし私のページを見て、ご興味抱かれたかたは、是非ともメールしてみることをお薦めします。「ゴルファーの力になりたい」そう純粋に思って頂けている職人さんです。プロも認め、使用している数々のパターを制作されている実力が、私たちアマチュアに惜しげもなくフィードバックされています。よほど特殊なことをしなければ、信じられないくらいリーズナブルな価格もお薦めする理由ですが、本当のところは北田さんのお人柄です。技術は人によって為し得る物。パターもまた人なりだと思います。そういうプライスレスな魅力もぜひ皆さんと分かち合えたら幸せです。画像は新作、GALAXY WEDGE。詳細はまた。
ご連絡先masa_aya_izumi@yahoo.co.jp

d0206851_2128416.jpg

[PR]
by ganref | 2011-12-17 21:29 | KITADA GOLF DESIGN | Comments(7)
言うまでも無くDLCの魅力は、傷や錆などに大変強く、かつ今まで難しかった(着色は可能でも傷などがつきやすかった)ステンレスなどの金属にも着色が可能になったという事、もうひとつは発色のバリエーションということになるかと思う。ご紹介したのは、漆黒というか、非常に落ち着いた黒と、素地を磨き込んで仕上げる光沢の美しい極点の黒、それにこのGALAXYと名付けられた美しいブラウンブルーのカラー。

d0206851_10441881.jpg
d0206851_10442812.jpg
d0206851_10443848.jpg

Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE

陳腐な記事でご紹介すのも恥ずかしい位なのだが、ご容赦願いたい。このパターの魅力の前では正直どんな言葉も陳腐にならざるを得ないかと思う。
[PR]
by ganref | 2011-12-05 11:38 | KITADA GOLF DESIGN | Comments(6)