「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

Change the world

ganref.exblog.jp

The“ART” of Putting second season 

<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

あんまり作為的な被写体は好きじゃないのだけど、やっぱり多くの人を魅了するだけあって、此処はいつ来ても被写体としては面白い。まあちょっと僕自身の腕がマンネリ気味なのは仕方ないところだけど。
d0206851_17285294.jpg


More
[PR]
by ganref | 2013-07-29 17:36 | Prose | Comments(0)
NAPAと言う名前は良質なカリフォルニアワインの産地であるナパバレーから取ったもので、このモデルもブドウがモチーフとして描かれている。シンプルな造形に少し煩い気もするが、そこはCameronのセンスで上手くまとまっている気がする。ネックのTitlistの赤文字もなんとも良い。

d0206851_23113583.jpg
d0206851_23115331.jpg
d0206851_2312219.jpg

d0206851_2313577.jpg

d0206851_23125151.jpg


実際に打ってみると、痺れるような実戦で使ってみたい衝動に駆られる。5枚目の写真は前出の
American classic Ⅶ LIMITED RELEASE 2005との2ショット、多重露光で合成しています。

Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE
[PR]
by ganref | 2013-07-10 23:19 | SCOTTY CAMERON | Comments(0)
ジョージロウのモデファイであるJW01に傾倒して、基本的には毎日毎日眺めたり、打ったりで、ラウンドはさっぱり行っていないけれども、決してゴルフを忘れたわけではない。ぼんやりと考えるに、基本的には僕はパターの中ではやはりL字が好きなのかなとも思ったりしながら、こつこつと何のためにかは解らないけど、パターマットで無心にボールを打つことで、色んな気持ちもリセットしていたりもする。

で、ジョージロウは日本刀なんだなと思う。もちろん日本刀でモノを切ったことは無いけど、なんというか、あのバッサリ感がなんとも言えずそれを彷彿とさせる。IMGは斧、かな。豪快な切れ味。8802はやはりカミソリ。強さはないけど、一瞬でさらりと切る。この3つのタイプの中で一番好きなのは....いや、上下はないのだけど、8802のキレかもしれない。オリジナルはもちろん持っていないので、近年のCameronのインラインでは一番素晴らしいと思っているAmerican classic Ⅶを持ち出してみた。

d0206851_18354619.jpg
d0206851_18345465.jpg
d0206851_1836863.jpg


Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE

おそらく330g台のヘッドだけれども、8802タイプは、むしろこれ位の方が扱いやすい様に思う。実際よく転がるし、ミスも良く解る。私的に残念なのは(オリジナルと同じで)ネックがインナーホーゼルで見た目が短いところか。オーバーホーゼルで長めのセル管を咬ませて使ってみたい。
[PR]
by ganref | 2013-07-07 18:40 | SCOTTY CAMERON | Comments(0)