ブログトップ

Change the world

ganref.exblog.jp

The“ART” of Putting second season 

SM490A

SM490Aという素材について、KITADAさんから詳しいレクチャーをいただいたのでご紹介させて頂きます。少しだけ加筆させて頂いていますが、とても内容が濃くてわかりやすい文章です。

SMのMはMarineのMで船舶用鋼材という意味です。(ちなみにSはStructureの略)昔の船はリベット止めでしたが今は溶接ですのでSM材が溶接構造材となったのです。SM材はその名の示すとおり溶接性に優れておりそのため炭素、ケイ素、マンガンの%を規定してあり、そのほとんどがキルド鋼かセミキルド鋼です。キルド鋼とは炭素鋼の精製法による分類の名称の一つ。溶溶融状態の鋼塊にケイ素やアルミニウムのような脱酸剤を加えてガスを取り除いて作った鋼の事で鎮静鋼と言われています。SM材のなかでSM490Aとは溶接構造用耐候性熱間圧延鋼材といって1グレード上の材料です。耐候性を高めるためにSM材に銅、クロムを添加してさらにモリブデン、ニオブ、ニッケル、チタン、バナジウム、またはジルコニウムのいずれか1種類以上添加されることを規定してあります。

耐候性を高めるためにこれらの元素を添加してあるのですが、そのせいで強度は必然的に高くなっています。まあ、SSなどに比べるとステンレスほどでは無いにせよ錆びにくいし薄く、細く作っても大丈夫ということになります。あと鉄の組織の密度もSS材に比べると高く、たぶんそんなこともあって同じ鉄のパターと打音が違うのかも知れません。それをソフトに感じるかどうかは個人差が有るとは思います。入手は難しくは無いですが、SS材など一般的な鋼よりは若干値段が高いです。作ってみて分かったことは削りはちょっと難削の部類でステンレスほどではありませんが鉄としては粘さを感じました。磨くとSS材よりもよく光ります。過去にネックを溶接したときはブローホールが無くて溶接しやすかったです。

SM490Aおわかりいただけたでしょうか。

と言うことです。SS材と言っているのは、ステンレススチールではなくて、steel-structure、つまり鉄ですね。ですから、鉄とステンレスの中間のような素材と思います。磨くと光りやすいと言うことなので、ちょっと興味が出てきました。



d0206851_23194050.jpg


Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE


画像のパターは改めて次回以降で。
[PR]
by ganref | 2011-11-25 23:19 | 心地光明